2006年11月10日

061110 デッキの張り替え

 竣工時にデッキの一部にささくれ状の部分があったので、引き渡し時に2本デッキ材を交換したのだが、ここに来て、ささくれ状態が数カ所できたとの連絡があった。
 主任から大工さんに確認すると、施工時に表面がすべすべしている方を表にして張ったそうだが、どうもその面は木裏だったとのことで、表面が剥離してくるのではないかとのことだった。
 木裏と木表で表面剥離の問題が出るとは思わなかったが、今日、大工さんと主任でデッキの張り替えを行ってくれた。
 今回は、ツガの注入剤ではなく2×4財にステンプルーフ仕上とさせて欲しいとのことだったので、施主の了承を得てその仕様に変更した(サービス工事ですから(^_^)b)

できあがりは、艶もあり、舞台みたい!

06111001.jpg

今まで使っていた材料は、そのままここに置くことになったそうである。

なぜ、そのままなのか・・・・・・。次号に続く
posted by F at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。