2006年08月17日

060817 完了検査と内部塗装

 休み明けの今日、いよいよ完了検査である。中間検査は朝一番だったが、今日は10時30分からである。今回の建物は、法的に何の問題もないため、検査で指摘はあり得ないと自信を持っていた。
 10時半になり、検査官の到着である。検査官は、中間検査をしてくれた人だった。中間検査で基礎の高さを指摘していたので、真っ先にスケールで測りだした。
 当然、土の鋤取りを行っていたので、問題なく内部に入ってきた。一通り説明すると、おもむろに浴室に入り、巾と浴槽の高さを測りだした。
 「これ、ユニットバスなのに何で測るの?」と心の中でつぶやいていたが、「この浴槽に手摺はないんですか?」と聞かれ、「ははーっ、この人フラット35のバリアフリー(優良住宅支援制度)を適用していると思っているな?」と思い、その制度は使っていないことを告げると、「普通のお宅は普通使うんですけどね・・。」と使わないといけないような返事。
 今回の物件は、寝室が2階にあり(といってもスキップフロアなので、半階しかずれていないが)、同一フロアにトイレがないと、この制度が使えないため、はじめから諦めていたのである。
 あとは、出荷証明書を念入りにチェックして、無事ご指摘なしで終了となった。検査済証を早く欲しいのだと告げると、明日(18日)の夕方にはできるとのこと。これで、一段落である。
 その後、建具の塗装に取りかかった。先週は、主に2階の家具の内部を塗装したが、今日は、つり込んだ建具や窓の付け枠、巾木を塗装する。
 まず初めに、和室と居間の間仕切り戸を塗ってみた。材質はシナ合板で、塗ると木目が浮き出してなかなか雰囲気が良くなった。

□左が塗装済の扉、右が塗装前
081701.jpg

 はじめは、つり込んだまま、塗装していたが、主任から、「外して塗らないと、枠に隠れているところが塗れないですから、手を抜かずにやってください」と叱られ、それもそうだなぁと納得して、ハンガーレールの建具も外して塗っていった。
 さすが、主任!手抜き工事は嫌いなのね(^.^)

 一生懸命塗装をしていると、日が落ちてきた。今日は、検査だったので電気も仮設から使えるようにしてあり、夜の雰囲気も見ることができた。

□アッパーライトの照明器具
081702.jpg

 しかし、まだ網戸が入っていないし、当然空調機もないので、窓を開けていると場所柄、蚊や他の昆虫が寄ってくる。この状態で、今日は、主任と施主(ご主人)と泊まり込み検査をすることになっていた。
 施主は、そのことを案じて扇風機を買ってきてくれた。>感謝!
 また、20日に仲間内の見学会を予定しているので、ついでにプレ焼き肉テストも行うことになり、日が暮れた庭では、主任がいそいそと炭をおこしていた。

081703.jpg

 そしてプレ焼き肉パーティも終わり、3人で居間に移動し、いろいろな話をしていたら、昼間の疲れから私はダウン。
 明け方、あまりの暑さに目が覚めたら、施主と主任は、つい先ほどまでディープな話をしていたそうである。

 いったい何を話していたのかな?
 

 

 
posted by F at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ローコストだけどみすぼらしくない家にしたい」という思いからクロスを貼らずに木の変色を楽しむという案は、クロス代と手間賃を削減できる反面、塗装代とやっぱり手間賃がかかるんですよね。
本来ならばこの塗装工事をすべて自分でやらなければならないところをF氏のみならずY主任までが汗まみれになってやってくれました。たいへん感謝してます。
Y主任は一見すると恐そうなんですが、実はとても感性豊かな優しい性格の人物で、気は優しくて力持ち、そして肉好きです。
土浦の現場に来るときは「肉の日」と決めているらしく、昼食はF氏と近所の「T島」に行っていたようです。
私はいつかはこの二人と一緒にお酒を飲みたいと思っていたので、この日は泊り込み検査という主旨を忘れて飲み明かしてしまいました。
えっ?Y主任と何を語り合ったって?
それは秘密です。(^-^)
Posted by minato at 2006年09月16日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。