2006年07月15日

060715 電気(配線)工事に思うこと

 住宅の場合、電気工事のなかで、スイッチやコンセントなど目に触れるもの、人が操作するものに関しては、施主にも位置や高さを確認して取り付けるようにしている。
 コンクリート住宅の場合は、打設時に配管を埋め込んでしまうため、コンクリート部分のスイッチやコンセントの位置を変更することは、基本的に無理だが、木造の場合は、後からでも変更ができたりするので、気持ちの余裕があったりする。しかし、一般にローコスト住宅では、天井のふところ(天井裏となる部分)がないことや壁もプレカットで行うので精度がよいから、胴縁等をつけずにそのまま仕上の材料を張ることが多い。そんなことから配線は、無造作に柱に穴を開け、通線されてしまう。

06071405.jpg

 柱は、金物で補強する際に同様の穴を開けるし、この程度の穴なら強度的に問題が少ないかもしれないが、なければない方が望ましい。
 私としては、コンクリートの基礎と壁のところに木の見切りをつけて納めるようになっているので、Fケーブルは基礎上端に流してもらえるのだと勝手に解釈していたが、そんなに甘くはなかった。
 やはり、現場監理の重要性を痛感した。でも、毎日は現場に行けないよね・・・・。せめて着工時の検討事項としてきちんと説明しておくべきだった>要反省!。
posted by F at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

配線
Excerpt: 配線配線(はいせん)とは一般的に、電気信号|信号や情報、電源が通る導線のことを差す。たとえば、電子回路中の部品同士を結ぶ、電気を通す導線のこと。小さいものでは集積回路|LSIの中に形成された微細導線の..
Weblog: エレクトロニクス用語辞典
Tracked: 2006-08-03 01:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。